バラ日記

ある日バラ園に連れて行かれたのをきっかけに、すっかりバラに嵌ってしまった淡い人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集めれば無色透明になる光の色

moblog_b1659be5.jpg

日のあるうちは蝉が鳴いて、日が沈むと秋の虫が鳴くようになりました。
季節と季節の狭間だね。

飾っていたほおずきもそろそろしまわなくちゃ。お盆はとっくに過ぎたし。
鮮やかな茜色がきれいで大好きだから名残惜しいんだけど。

moblog_5e672c95.jpg

ぼーっと外を眺めていたら、日暮れ時の太陽が沈みきる一瞬に生温かい風が強く吹いた。
昼と夜の狭間、季節の狭間。手にはほおずき。
ほおずきは『鬼灯』。鬼の灯り。霊が迷わないための道しるべ。花言葉は『偽り』。

なんだか胸がざわざわして、少し怖くなって窓閉めちゃった。

これしきの事で動じない精神力と感受性があればいつか妖怪にも会えるのかな。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wonderlustrose.blog.fc2.com/tb.php/14-6ac3f18a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。