バラ日記

ある日バラ園に連れて行かれたのをきっかけに、すっかりバラに嵌ってしまった淡い人のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザインフェスタvol.35

デザインフェスタvol.35に行ってきました。
以前から行きたい行きたいと思いつつ、なんとなく尻込みしていた日本最大のアートイベント!

今回は大好きなお人形ディーラーさんが人間用アクセサリーのカテゴリーで初出店されるということで、どうしても行きたかったのです。
最近また体調不良で仕事も辞めて自宅療養中なのですが。。
はしゃがない・こまめに休む・早めに帰る の3点を自分と約束して、おやつの時間くらいからゆったり見に行ってきました。

感想はもう行ってよかったの一言!
入った瞬間からどちらを向いてもアート、アート、アート…!
焼き物あり、絵画あり、ガラス細工あり、、というかなんでもあり!!
超好みの染花屋さん、とにかくキノコだらけのお店、透明標本、
暗いブースで見る剥製、龍の焼き物、ブリキの蛙、
投げても割れないガラスの鞠、緻密な絵、スライム詰め放題…

まだまだおもしろいものがいっぱいで挙げればきりがない。
出店者さまも話しかけると嬉しそうに丁寧にそして熱く!アツく!説明してくださる方が多くて、活気があってほんっとーに楽しかったです。無理してでも行った価値あった。見れてよかった。
秋も絶対行きたいー!今度は両日・OPEN~LASTで行きたいーーー!

そういえば西館は久しぶりに入りましたが、あの四角い箱っぽい全ておさめられて完結した感じがやっぱり好き。
4階までの直通エスカレーターが高くて長くて少し怖いけれど、秘密の場所に連れていかれるみたいでわくわくする。


戦利品は夏用のアクセサリーをちょこちょこと。
あとはヴィンテージのシャンデリアパーツが激安だったので買っちゃいました。何に使おう(´ω`*)
DVC00524.jpg

下に敷いたポスターも戦利品。かっこよい。これ手書きとかほんともうため息が出ます。ほぅ。
DVC00529.jpg



そろそろバラも開花報告がぽつぽつあがってきていますね。
うちもつぼみが膨らんで、もうちょっと!というところです。

スポンサーサイト

マリアの心臓 地獄太夫展 

IMG_1880.jpg


マリアの心臓の地獄太夫展に行ってきました。
またもや開催期間ギリギリに…!土日を避けられてよかった。最終日で週末なんてめっちゃ混みそうだもの。

恐竜と違って繊細なお人形展だから(笑)、もちろん撮影は禁止。
なので画像はないけれどもうとにかく素敵でした。言葉が出ないというか、完全に空間に飲み込まれた。
うぁボキャブラリーがお粗末…
絵画でもなんでも、芸術は写真やら画像やらなんかじゃなくて本物を見るのが一番だと思うけど、お人形は特に実物を見るべき!ですね。

俗世から隔絶された感バリバリな店内は和洋折衷。中央では恋月姫さんのお人形が静かに眠っていました。
ビーズで飾られた白いドレスを纏って。
ふらふら吸い寄せられるように見入ってしまいました。
本当に可愛くて綺麗で夢を見ているみたいで、本気で連れて帰りたかったです。魅入られたのは私の方か。
ゆっくりお人形と向き合えるように椅子が用意されている心遣いも素敵。

お人形はやさしい顔・幸せそうな顔をしている子が好きなので、今まで天野可淡さんや三浦悦子さんのお人形にはあまり食指が動かなかったのですが、今回初めて間近でお人形を見てその迫力?魅力?魔力?に魂吸い取られるんじゃないかと思いました。
なんなんだろうあの不思議な存在感。
奥の祭壇に飾られていた可淡ドールたちの前でしばらく動けませんでした。
決してこちらを見ない、温度のない目。
三浦悦子さんのバイオリン少女も、痛々しいのだけれど何故か目が離せない。
写真集で見たときには何も思わなかったのに。

こんな貴重なお店が10月で閉店してしまうなんて残念で残念でならないです。
最後の人形展final exhibition【Arrivederc Maria Cuore】&【横井まい子絵画展・オズの魔法使い】にも絶対行こう。

恐竜博2011

DVC00031.jpg

恐竜博2011に行ってきました。
水曜日はレディースデイでお安くなるらしく、偶然にも水曜日でレディだったのでわーい!な感じでした。
夏休みが終わりまくった今なら空いているかな~と思ったけどまぁまぁ人は入っていて、チケットを買うのに5分くらい並び、展示を見るのも最前列に行きたかったらちょっと待ち…な具合。がらがらだと寂しいし、まあちょうどよかったんじゃないかな。
子供が少なかったのが良かったね!静かに見れた。

そして写真撮影OKならデジカメ持って行けばよかったー!
ほらね。情報収集苦手だとこういう思いをするんだよ。めそり。

でもせっかくだからと携帯で撮ってきたので、見れそうなものだけ載せます。
重いのでたたみます↓↓↓ レイアウト崩れてもきにしなーい!

ワシントンナショナルギャラリー展 in 国立新美術館

110905_154915.jpg

行こう行こうと思いつつ3か月も先延ばしにしていたワシントンナショナルギャラリー展に行ってきました。
最終日が迫りに迫ってようやくだよ。出不精ばんざい。

あんまり期待しないで行ったのですが、いい絵がたくさん来ていて眼福でした。国立新美術館はいつも優秀だのう~(´ω`*)
特にルノワールの踊り子の絵がめっちゃめちゃ可愛くて!!!
ちょうどイスの真ん前に飾ってあったので座ってしばらく眺めていました。いつまでも観ていたくて、本気で帰りたくなかったー。でも閉館時間になっちゃったからね。。大人は聴き分けよく帰りますん…。(ノд`。)。

110902_184935.jpg
いつ来てもアウェーな街だよ六本木。
次はベネチアグラス展の時に来ます~。サントリー美術館は初めて行くから楽しみ!

実相寺昭雄展 京極夏彦トークショー行ってきました!

moblog_95dffe77.jpg


実相寺昭雄展 京極夏彦トークショーに行ってきました!

実は生京極先生目当てで行ったので、実相寺昭雄さんを存じ上げなかった上に実相寺昭雄展ということも知らずに行ったのですが…ヒィ((( ;゚Д゚)))
トークショーの前に京極先生出演の映像上映があると聞いたのでじゃあ一応見るか~くらいの軽いノリで行ってみたら、なんと私の好きな作品を沢山手掛けている映像監督さんが実相寺昭雄さんでした!!
ウルトラマン・Q・セブン・タロウ、乱歩地獄、帝都物語、姑獲鳥の夏などなど。

ウルトラシリーズはレオまで全部と80を少し観ているし、昔住んでいた埼玉の家の近くに円谷プロの倉庫があって、よく怪獣がトラックに乗せられて出入りしているのを見かけてキャッキャしていたんですよね。
しかもけろけろけろっぴが大好きだったそうで、すごい数のコレクションが展示されていましたが…けろっぴのデザインを考案したのは私の出身高校の美術の先生です。
ご縁がありすぎてもう!もう!!

好きなものを追いかけて偶然別の好きなものにぶつかるっておもしろい。


トークショーは和気あいあいとした雰囲気で、寺田豊さんも特別参加されて(呼ばれていないのに勝手に来たらしい笑)面白かったぁ。

エピソードの端々からもその奇才っぷりが伺えました。
『撮影中に実相寺監督の姿が見えない。たぶん物陰から覗いてた』
『大スター美空ひばりを執拗にアップで狙って喉の奥まで映したり、逆に美空を豆粒のように小さく映したりして非難轟々。』
『記録魔で、電車に乗ると一言もしゃべらずに黙々となにかの数を数えている』
『↑気に入った建物と気に入らない建物の数だった。路線ごと、左右それぞれ数えて記録していた』
『超リアルなダミーの進行表を作ってスタッフを惑わせる』
etc...

かなりおちゃめな方だったようです。

展示も見どころ満載で、特に絵葉書やスケッチは絵の素晴らしさに加えて何ともいえない言葉選びと達筆さがまさに天才であり奇才。

魔笛も観たかったな。だってウルトラ怪獣がゴロゴロ階段落ちしながら出てくるんだよ!
DVDにはなっていないみたいなのでまた機会を待つしかないのか。昨日行けば観れたのにー!死ぬまでには絶対観たい。絶対。


今日はトークショーを観て、生オペラを聴いて、たくさんの映像や作品にふれて、とても有意義な一日でした☆
早起きした甲斐があった!
充実した疲れにのまれておやすみなさい。

moblog_a5b8b9a0_20110829042513.jpg
人生ひまつぶし!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。